学びたいこと、夢、無限大スタート!

2022年度募集要項

 

ダウンロードをしてご確認ください。

お問い合わせは、下記連絡先までお願いします。

〒714-0081

岡山県笠岡市笠岡874番地

TEL:0865-63-2525

FAX:0865-69-2317

E-mail/info@ok-ryukoku.ed.jp

PDFでご確認頂けます。

入試情報

2022年度

 

入試教科・方式
SD方式(標準型) 普通科は、国・数・英の筆記試験得点に面接と調査書を加味した総合判定を行う方式。 情報科は、数・英の筆記試験得点に論述、面接、調査書を加味した総合判定を行う方式。
A方式(奨学入試) 中学3年生の全教科の5段階評定の合計得点に論述の得点を加えた総合判定を行う方式。
総合 思考力型試験(ディスカッション等を含む)に面接と調査書を加味した総合判定を行う方式。
入試種別
1期入試(1日目)
A方式入試を実施
試験日:県外 1月12日(水) / 県内 1月27日(木)
実施科・コース・類:特別進学コース探究、選択選抜コース、教養Leadersコース
1期入試(2日目)
SD方式入試を実施
試験日:県外 1月13日(木) / 県内 1月28日(金)
実施科・コース・類:特別進学コースⅢ・Ⅱ類、進学教養コース、情報科

※A方式受験資格がある受験生は、1日目A方式、2日目SD方式と両日受験することができます。

2期入試
総合入試を実施
試験日:県外・県内共通 2月21日(月)
実施科・コース・類:特別進学コースⅡ類、進学教養コース

入試検定料

入学金の免除

1期入試1日目(A方式受験)のみの場合は奨学入試の為、

入学検定料2,000円です。

普通科特別進学コースに合格した場合、専願・併願にかかわらず

合格者全員入学金(70,000円)を免除します。

1期入試2日目(SD方式受験)、もしくは両日受験(1日目A方式、2日目

SD方式受験)及び2期入試については、入学検定料10,000円です。

A方式(奨学入試)で合格した場合、専願・併願にかかわらず

合格者全員入学金(70,000円)を免除します。

(但し、教養Leadersコースは専願に限ります。)

専願で受験した場合、全ての科・コース・類を対象に入試成績上位者、

およびA(アスリート)特待合格者は、

合格者全員入学金(70,000円)を免除します。

各特待制度

成績特待

スポーツ特待

■判定方法/

 入学試験の得点と中学校から提出される調査書を加味した総合判定。

 普通科特別進学コースⅢ類合格者全員をVS特待とします。

 普通科特別進学コースⅡ類合格者の中からV特待を選抜します。
                 (目安:合格者の8割程度)

 普通科特別進学コース探究合格者全員をS特待とします。

■種類/

  VS特待・・・月額30,000円給付(Ⅲ類)
  V特待・・・・月額20,000円給付(Ⅱ類)
  S特待・・・・月額10,000円給付(探究)
 

■資格/

 県ベスト8以上のレギュラー選手、地区選抜以上の選手、または同程度の戦績を

 有する選手であり、中学校3年生の5段階評定9教科合計27以上であること。

 (教養Lコースについては24以上)

 本校への入学を確約できる受験生を対象とする(専願制)。

■判定方法/

 事前の実技試験および面接に加えて、入学試験の得点と中学校から提出される

 調査書を加味した総合判定。

■種類/

 V特待・・・月額20,000円給付

 S特待・・・月額10,000円給付
 

A(アスリート)特待

留学特別給付金制度

■資格/

・中学校3年生の5段階評定9教科合計24以上、中学校3年生の欠席日数10日以内。

・以下の部活動で3年間活動を続ける意志のあるもの。

 【サッカー部、バレーボール部、バスケットボール部、ソフトテニス部、

  陸上競技部、チアリーディング部、吹奏楽部】(戦績、経験等は問いません)

・本校への入学を確約できる受験生を対象とする(専願制)。

■判定方法/

 入学試験合格者全員をA特待として認定します。

■種類/

 本校から奨学金として月額3,000円を給付します。

■資格/

 英検3級以上。留学の目的がしっかりしており、心身ともに健康であること。

 国際交流に関心があり、留学制度の主旨をよく理解していること。

■判定方法/

 本人・保護者への面接と英語力を加味した総合判定。

■募集期間/

 2019年10月1日~12月20日 随時

■対象/

 本校留学試験合格者を対象に給付する。

奨学金制度と授業料等補助(参考 2021年度)

奨学金制度
  名称及び貸与月額 資格及び条件 返還方法 募集時期
1

岡山県育英会
育英奨学金(第1型)

30,000円/月

  1. 1.保護者が岡山県内に居住していること
  2. 2.品行方正、成績優秀であること(中学3年の評定平均3.2以上)
  3. 3.父母またはこれに代わって家計を支えている者の年間収入額が収入基準額以下
年賦、半年賦、月賦 4月中旬
2

岡山県育英会
修学奨学金(第2型)

30,000円/月

  1. 1.保護者が岡山県内に居住していること
  2. 2.勉学意欲があり、修学の見込みがあること
  3. 3.次のいずれかに該当すること
    ・主たる家計支持者が生活保護を受けている
    ・主たる家計支持者が市町村民税を非課税、または減免されている
    ・世帯全員の年間収入額が収入基準額以下
年賦、半年賦、月賦 4月中旬
3

岡山県私学振興財団

30,000円/月

  1. 1.保護者が岡山県内に居住していること
  2. 2.品行方正、成績優秀であること(中学3年の評定平均2.0以上)
年賦、半年賦 5月中旬
4

広島県高等学校等奨学金

30,000円/月

  1. 1.保護者が広島県内に住所を有すること
  2. 2.経済的理由により修学が困難であること
  3. 3.学習状況が良好であること
一括、年賦、半年賦、月賦 4月下旬
5

淳和学園給付制度

  1. 1.学業優秀、品行方正かつ身体強健でありながら経済的理由により就学困難な生徒に対し、学園が奨学援助を行う
    本人の申請により年度末に学校で選考を行う
返還の義務はない 随時
6

本願寺派教学助成財団
本山奨学生

150,000円/年

  1. 1.本願寺派に包括される寺院または門徒の子弟、もしくは、学校や宗門における宗教行事等に熱心に取り組む生徒
  2. 2.人物・学業ともに優秀で、経済的理由により修学が著しく困難である生徒
返還の義務はない 7月下旬
授業料等補助
  名称及び貸与月額 資格及び条件 返還方法 手続時期
1

高等学校等就学支援金
33,000円・9,900円/月

  1. 1.私立学校に在学する生徒
  2. 2.保護者の税額等の条件あり
返還の義務はない 入学時
2

高校生等奨学給付金
150,000円・129,000円・52,600円/年

生活保護世帯、又は住民税所得割が非課税世帯

返還の義務はない 7月~9月
3

岡山県納付金減免
5,000円・4,000円・2,000円/月

  1. 1.本人及び学資負担者の現住所が、岡山県にある者
  2. 2.保護者の税額等の条件あり
返還の義務はない 7月下旬

※2022年度については、文部科学省ホームページ等を参考として下さい。

詳細は募集要項でご確認頂けます。

入試に関するお問い合わせは、下記連絡先までお願いします。

〒714-0081 岡山県笠岡市笠岡874番地

TEL:0865-63-2525 FAX:0865-69-2317

E-mail:info@ok-ryukoku.ed.jp

 

入試Q&A

個別進学相談等で保護者、生徒からよく質問される事項を、簡潔にまとめてあります。

出願する際の学科・コース・類の選択や志望校選びの参考になさってください。

  • Q.入試問題のレベルはどの程度ですか?

    Answer

    一期入試2日目SD方式では筆記試験があります。本校の入試問題は公立高校の入試レベルに準じて作成しています。但し、特別進学コース(Ⅲ類・Ⅱ類)については、他の科・コースよりも1題多く出題されます。したがって、制限時間は共通の45分間となっているため、時間配分に注意し、基本問題は速く正確に解いていくことが重要です。また、進学教養コース、情報科については、基本的な問題をきっちりと解答していくことが合格への鍵となります。

  • Q.A方式で合格すると入学金免除の対象になりますか?

    Answer

    免除の対象になります。専願、併願を問わず合格者全員入学金(70,000円)免除になります。

    但し、成績面等で条件を課しており、3年生9教科の評定が27以上で出願することができます。本校では、中学校生活を一生懸命努力してきた証の一つとして「評定」を捉え、A方式を奨学入試と位置付けてこのような制度を実施しています。

    その他特別進学コースでは入試方式に関係なく合格すれば入学金免除の対象になります。

  • Q.第二志望について教えて下さい。

    Answer

    第二志望については、試験の得点に応じて自動的に決定します。

    また、その際に受験日内の科・コース・類で合否判定を行うようになります。したがって、両日受験して頂いた方が、より合格のチャンスが広がります。

  • Q.受験日が1日目と2日目とありますが、両日受験した方が良いのでしょうか?

    Answer

    1日目の受験はA方式奨学入試となっており、成績面等の条件があります。1日目A方式の受験資格があるようならば、両日受験をおススメします。

    例えば1日目受験すると受験日内の科・コース・類で合否判定を行うので、特別進学コース探究で出願すれば、最大2つ(特別進学コース探究、選択選抜コース)の合格が得られます。また、2日目受験すると同様に受験日内の科・コース・類で合否判定を行うので、特別進学コースⅢ類で出願すれば、最大4つ(特別進学コースⅢ類・Ⅱ類、進学教養コース、情報科)の合格が得られます。

    但し、専願受験で合格した場合は該当の科・コース・類で入学手続きを行うようになります。

    最終的には入学手続きの際に合格基準に達したすべての科・コース・類の中から自分の基準に応じて選択します。したがって、両日受験することで合格の幅とチャンスが広がります。

  • Q.1日目A方式で選択選抜コースを第一志望で出願し、合格した場合、入学手続き時に

     進学教養コースを選択することができますか?

    Answer

    できません。受験日内の科・コース・類で合否判定を行います。したがって、進学教養コースを目指すなら2日目も受験をする必要があります。

  • Q.両日受験をして選択選抜コースと進学教養コースに合格し、

     入学手続きで進学教養コースを選択した場合入学金は免除されますか?

    Answer

    1日目A方式奨学入試で合格をした場合、入学金免除の権利を有していると判断します。したがって、進学教養コースや情報科を入学手続き時に選択した場合でも免除の対象となります。

    但し、特別進学コースの成績特待については特別進学コースに在籍することでその資格を有します。